ダイアモンド

婚約指輪は、必ずしもこうでなければならないというものはありません。しかしながら、多くの方が選んでいるのがダイアモンドが付いたリングです。ダイアモンドは丈夫ですし、永遠の愛をイメージさせるなどまさにこれから一緒に人生を歩みたい方に贈るのにぴったりの石です。

ただ、あまりアクセサリーに詳しくない方は、ダイアモンドは大きいサイズであれば良いと思っている方もいるようですが、これは正しくはありません。ダイアモンドの良さは、サイズだけで決定されるものではなく、「サイズ(Carat)」他にも「透明度(Clarity)」、「カット(Cut)」、「カラー(Color)」の4つの全てによってその質が判断されます。これらの頭文字をとって4cと呼び、ダイアモンドを選ぶ時のポイントとなります。

サイズは大きい方が良く、透明度も高い方が良いとされています。また、カラーについてですが、こちらは無色透明であるほうがハイクウォリティです。またカットについてですが、定番である「ラウンドブリリアントカット」や、存在感がある「オーバルシェイプ」、ダイアモンドがより大きく見えるといったメリットがある「マーキースシェイプ」などがあります。

Published by